眼科検査のエキスパート

実習内容

勉強道具

視能訓練士の仕事は、近視や遠視、白内障や緑内障といった病気の検査をします。眼科検査を行うエキスパートです。視能訓練士になるには、国家試験に合格する必要があります。視能訓練士の受験資格を得るためには、高校卒業後に視能訓練士の養成施設に3年以上通うか、大学や短大、医療系の専門学校などで1年以上学ぶ方法があります。その後、国家試験に合格すれば、視能訓練士になれます。視能訓練士の養成施設で行われる実習内容ですが、「学内実習」と「学外実習」があります。学内実習は、生物学を中心とした養護施設または学校内での実習となります。学外実習では、眼科医院などの医療施設を訪問して、医療スタッフとともに実際の現場で患者さんに接しながら、視能訓練士の職業体験をします。学内実習で眼科検査を行うための知識を学び、学外実習では実際の体験を通して技術的な検査方法などを身につけることができます。このような実習を行うことで、実際に視能訓練士になった場合のイメージをつかむことができるでしょう。視能訓練士の勤め先ですが、病院の眼科や眼科医院で働くことになります。視能訓練士の仕事内容としては、眼科用の検査器具を用いて、患者さんの視力や眼圧、色覚などの目の検査を行います。病院の眼科に勤めたいのか、眼科医院で働きたいのかでも働き方が違ってきますから、養成施設で実習を行う際には、将来的にどこで勤めたいのか目標を定めておくとよいでしょう。

治療や視力矯正に必要

メンズ

視力低下の原因は、眼圧の高さや視神経の異常、網膜の裂孔など複数あります。そして視力低下を食い止めるためには、まずはこういった原因を視能検査によって特定することが必要不可欠となっています。この視能検査における技術と知識とを持っている専門家が、視能訓練士です。逆に言えば視能訓練士になるためには、視能検査のスペシャリストになる必要があるということです。したがって視能訓練士の養成所では、あらゆる方法での視能検査の実習が繰り返し行われます。具体的には、近視や遠視の度合いをチェックする屈折異常検査や、眼球の奥行や幅を正確に数値化するための超音波検査などです。さらに視神経や網膜の異常箇所を特定するための、視野検査や光断層撮影などもあります。こういった視能検査は、いずれも眼科医が適切な治療を施すために役立ちます。たとえば視力矯正用のコンタクトレンズを作るためには、現在の目の状態における正確な情報が必要となるのです。もちろん治療や矯正の効果が出ているかどうかを確認するためにも、視能検査は必要です。このように視能訓練士の働きは、眼科領域においてなくてはならないものとなっているのです。そのため養成所では、少なくとも1年以上の月日を、学内実習や臨床実習に費やすことになります。もちろん養成所には、医療現場で実際に使われている様々な検査機器が用意してあるので、それを駆使することでスペシャリストとして着実に成長していくことができます。

意思疎通ができる人です

勉強

眼の働きをサポートする仕事として視能訓練士が挙げられます。視力検査を行うことから、病気の診断に必要な検査を行ったり、視力を回復するための指導を行ったりと、眼に関するさまざまなことを扱う仕事です。検査にはいろいろな機械を操作します。そして、検査を行うためには眼に関する知識も必要になるようです。視能訓練士は、専門の養成施設で勉強をしたのち、国家試験を受験して合格しなければなりません。また、合格以降も、検査に必要な技術や知識を引き続き学び続ける努力も必要です。眼科医院に勤務する場合、日々各種検査を行うことになります。検査の対象となる患者さんは眼の異常を訴える人だけではありません。乳幼児から高齢者の方まで、幅広い年代の患者さんと接します。検査対象の患者さんが、まだ話しができない乳幼児の場合や声が聞き取りにくくなっている高齢者の場合には、保護者あるいは介助者の方に検査内容を説明することになります。しかし、実際に検査を行う前には、話しができなくても患者さん本人に話しかけることが大切です。そして視能訓練士は、それらの検査結果を眼科医に報告したり、会計を担当している人に連絡したりすることも仕事の一つです。以上のような業務内容から考えると、さまざまな検査を正確に行うための知識や技術を持ち続けるための努力ができる人が向いていると言えるでしょう。またどのような患者さん、医療スタッフであってもコミュニケーションをとることができる人が視能訓練士に向いているといえます。